企業理念

「信頼・技術で創造する」

現代は情報の時代だといわれています。高度成長期につくられた組織や会社、
時代が情報化という社会構造の変化の中で各企業は根本から変わろうとしています。
当社も「ものづくり」の製造業も情報化時代に対応した「新しいつくり方」を身につけています。

1. 手間を惜しまず良いものを創る

2. 納期が守られ品質にムラがない

3. 品質レベルを落とさずコストを削減する

ものづくりの基本

ものづくりの基本
規「キ」矩「ク」準「ジュン」縄「ジョウ」

規矩準縄とは、古来日本の木造建築で使用されていた、さしがね技術(規矩術)に由来している言葉です。

  1. 「規」コンパスのこと
  2. 「矩」さし金(かねじゃく)のこと 矩形=長方形
  3. 「準」みずもり(水盛)水平を出すための方法 水準
  4. 「縄」すみなわ 縄張=縄を張り巡らして、境界を定めること

即ちこの四つの条件が正しければ良いものがつくれる基本が獲得できるということです。このことから、現代では一般的に「人の行為の標準」とか「物事ののっとるべき法則」というような意味で「規矩準縄を正す」という言葉が使われています。当社はこれを、「ものづくりの基本」「生き方」の参考にしています。

「知恵と工夫」で社会に貢献

当社は「ものづくり」の姿勢を堅持し、受注先からの信頼を第一に考え
「知恵と工夫」を磨き、社会に貢献してまいります。

ものづくりの基本

営業広告を出すわけでもなく、新規顧客開拓に精力を尽くすわけでもなく、お取引きいただいているお得意様のために一生懸命、良い製品・納得のいく製品を創り続けてまいりました。いたずらに企業規模を大きくするとか、全国展開を目指すとか、当社は決して目指していません。仕事は今のお得意先様だけでいいという考え方です。

バブル景気崩壊以降も順調に業績が推移してきたのは、決して会社の利益利潤を優先するのではなく、ただお取引先企業や製品の納品先企業様のためにできるだけ良い製品を創り続けて来たからだと思います。

ニッチな業界ではありますが、どこにも負けない技術を目指しています。創業以来、この想いはずっと変わらず持ち続けています。

時代の流れとともに製造業を取り巻く環境は、我々の想像を超えた勢いでどんどん変化して来ましたし、これからもその流れは決して変わらないでしょう。そんな中で常に変わらず絶対的なものが「技術」です。当社には派遣・嘱託・臨時社員は一人もいません。全員が正社員スタッフです。在籍している正社員スタッフで対応可能な範囲内の仕事を、堅実にこなしていくためにも、無理な受注や新規開拓はしておりません。

いたずらにリスクを追うことはせず、今の体制を常に見直し改善すること、進歩することを目標としています。

当社のモットーは「信頼・技術で創造する」です。派手さは全くありませんが、1993年の創業以来、着実に成長してきた理由だと自負しています。これからも日本一の技術を持った会社として「ものづくり」の姿勢を堅持し、確実な企業経営をしてまいりたいと思います。